目からウロコ!複合機に特化したサイト[ここが決め手!複合機専門店徹底比較]

TOP > コラム > 今時は家庭でも複合機を使えるように

今時は家庭でも複合機を使えるように

複合機というのは元々、非常に高価な機械でした。
何しろ、コピーもできますし、印刷もできますし、当然、スキャンもできます。
そこに電話としての機能、FAXとしての機能などもあるのですから、機械として高額になってしまうのは仕方ないでしょう。
ですから、企業などが事業のために使う、設置するのが殆どであったわけですが、今はどんどん小型化して、そして安くなっており、家庭でも複合機を持っているところが増えています。
さすがに業務用レベルではありませんが、十分に日常的に使うことができれば便利なレベルではあります。
最低限の機能としては業務用と同じなのですが、質は違うことになります。
つまりは印刷のスピードとか同時処理できる機能がどれだけあるのか、とかそうしたことです。
しかし、家庭用であればそこまでそれは気にすることはないでしょう。



業務用と家庭用の複合機の使い方はある意味異なる

複合機はコピー機とプリンターとスキャナーを1つの機器にまとめた機械となります。
この機械は最初に業務用として登場し、その後に家庭用としても登場してきています。
業務用の機械は家庭用の機械に比べて機器自体が1人で持ち運べないくらい大きくて重たくて価格も10万円を超えるほど非常に効果となります。
一方で家庭用の機械は1人で楽に持ち運べるほど非常にコンパクトに軽量にできていて、価格も2万円前後で買えるようになっています。
ただし家庭用の機械は業務用に比べて処理スピードが遅いし、対応できる紙面サイズもA4以下でしか使えないなどの制約があります。
ただ家庭用としても複合機が登場したことで、多くの人は自宅でコピーをできるようになるなど生活スタイルに変化を生じる結果となっています。
これによりわざわざコンビニなどに出かけてコピーをするという手間と時間を省けるようになっています。
その家庭用の機械は一括購入をすることが前提で販売をされていますが、業務用の機械は大半の業者は一括購入をしないで、リースとして借りて契約をしています。
リースとして借りる場合はレンタルとして借りるに比べて新品が選べる利点がありますが、審査を必要とするために、一部の会社やお店など次第では審査に落ちて借りられない場合があります。



複合機の利用を会社で検討するなら

会社では会議などで発表する資料を印刷する際や、或は他部署から入手した資料などをスキャンしてPDFデータにして保管を行います。
これらの印刷やスキャナーを一台に集約した複合機を利用するケースが増えていまして、多くの会社が導入を行っています。
そして複合機を新品購入しますとまとまったお金が必要となって来ますので、これらをリース契約して対応するケースが有ります。
この場合にはリース料金を支払いながら使用を続けて行きまして、契約期間が終了しますと新しい複合機の契約を結ぶ事となります。
これらの装置は年々進化して来ていまして、例えば印刷速度のアップであるとか印刷品質の向上、そして省電力化など進化を続けています。
またリースを行っている業者は全国に多く有りますので、契約条件や対応機種などを比較して業者選定する事がお勧めです。

▲ ページトップへ