目からウロコ!複合機に特化したサイト[ここが決め手!複合機専門店徹底比較]

TOP > コラム > 複合機の歴史をたどってみよう

複合機の歴史をたどってみよう

 複合機は、1995年のWindows 95発売からビジネスシーンで急速に普及してきました。今やオフィスだけでなく日常に欠かせないコピー機ですが写真技術、複写技術を合わせ、
 過去たくさんの技術者たちがコピー機の開発に取り組んできました。あの有名な偉人であるジェームズワットやエジソンもその一人です。
 複合機の歴史をさかのぼるとその前身は複写機(コピー機)といわれ、古くは1938年にアメリカのチェスター・F・カールソンが、後にゼログラフィと呼ばれる基本技術を発明したことがPPC複写機誕生のキッカケとなりました。
 1951年、世界初の小型事務用湿式ジアゾ複写機「M型」を販売開始されました。
 ジアゾ式複写機はドイツで開発され、湿式と乾式があり、元原稿と感光紙を密着させて、複写機内部を通過させながら紫外線を照射することで感光させる方法です。
 後に登場するPPC複写機と異なり、光学的なプロセスを持たないため、元原稿との相違(光学的な収差など)が非常に少ないというメリットがあります。
 また、機械の構造的に単純なため、A0やA1といった大判の複写も簡単という特徴があります。
 反面、感光紙の保管に手間がかかる、現像後の複写紙も光線下では退色が激しいといった弱点もあります。
 現在では、このジアゾ式複写機は設計図面用のコピー機として重宝されています。
 日本では1962年に富士ゼロックスがゼロックスの複写機を普及しはじめました。これ以降、オフィスに欠かせないものになりました


 1980年の後半から複写機とFAX機能が一体型となったものが登場し、市場に出回るようになります。
 進化の過程でプリンター機能やスキャナー機能が追加搭載され、現在の形となっています。
 さらに近年ではドキュメントデータの入出力だけではなく、ネットワーク端末としての機能が充実しており、ハードディスク内蔵のものや、ファイルサーバーのような機能を持つものも登場しています。
 使い勝手も良く、大型液晶パネルで直感的に操作ができるように考えられています。色々な業務アプリケーションとの連携を実現するマルチな業務端末へと進化しています。


 さらにそのメリットは広がり、複合機のソリューションを上手に活用することで、業務効率向上、コスト削減、セキュリティ対策にも役立つ効果が期待できるようになりました。
 このソリューションを活用すれば、業務の効率化が図れます。紙の電子化や文書管理、コスト削減にもつながります。
 そして気になるセキュリティにも細心の注意が払われ要望に合わせた豊富なラインアップが準備されています。

▲ ページトップへ