目からウロコ!複合機に特化したサイト[ここが決め手!複合機専門店徹底比較]

TOP > コラム > 複合機をオフィスに導入することのメリット

複合機をオフィスに導入することのメリット

複合機とは、字句的には複数の機能を合わせ持った機器を示す言葉です。
日本においては、コピー機、プリンター、イメージスキャナー、ファクシミリなどの複合的な機能が一つにまとめられている機器を指します。
複合機を導入することで、複数の機器を導入する必要がありませんので、コスト削減につながります。
また、複数の機器を設置する場合は、それだけその分スペースを必要としますが、オフィスの賃料が高い日本においてはスペースを節約し、他の用途への利用など有効活用に資することができます。
さらに、メンテナンスに要する費用や電気代も1台分で済みますので、ランニングコストを節約することができます。
業務の効率化や合理化を実現することで、オフィス業務において生産性の向上を実現することができます。
最近は、非常に多機能化が進んでいますので、機種の選定に当たっては、目的を明確にし、何に主眼を置くか検討が必要です。



複合機をリース契約によって導入するメリット

非常に多くの会社組織が複合機をリース契約によって採用しています。
買い入れる場合、高額の初期費用が発生します。
それに対して、リース契約においては、購入に絶対不可欠の初期に対する費用の調達をリース会社が代行しますので、組み込み時に求められる初期費用を抑制することができます。
銀行より初期に関する費用を借りる場合も、リースと同じ程度に初期に関するコストを抑制することができますが、金額、あるいは会社組織の経営状況によっては審査がパスしないこともあることから、先だって理解しておくことが必須となります。
それに加えて、複合機を買い入れた場合、固定資産税、あるいは減価償却費用といったコストは購入した者の負担と化して、年度ごとに変わります。
さらに、事故や盗難に備える為の動産保険といった費用も購入者が負担します。
それに対して、リース契約においては固定資産税、あるいは減価償却費用、さらに動産保険といった費用は一切合切リース会社が負担することになります。



複合機を利用するメリットと留意点

複合機の主だったメリットは、 まず設置する場所自体が小さくてもセッティングすることができる点です。
例として、コピー機や、プリンター機それから、スキャナー機、さらにファクシミリ機個々にを購入して実施するのとでは、置き場所の面積に非常に大きな違いがあります。
とりわけ非常に小さな事務所、あるいは個人宅などのケースはこうしたものが一台で完了することは大きな利点になります。
また、機器購入に関する費用及びランニングコストを引き下げることができます。
統一化されていることから個々に買い付けるよりリーズナブルに、さらにランニングコストも安い費用で完結できます。
留意点は、利用頻度によりまして、待ち時間が生じます。
それぞれの機能の利用度合が高ければ、その分だけ待ち時間が生じます。
さらに修理時には一切合切の機能が利用できなくなる点もあげられます。

カテゴリー

▲ ページトップへ